ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 人生は終わったと思っていた アルコール依存症からの脱出

  • 人生は終わったと思っていた アルコール依存症からの脱出

ポイント倍率

人生は終わったと思っていた アルコール依存症からの脱出

  • 月乃光司/著 月乃 光司
    高校入学時から対人恐怖症・醜形恐怖症により不登校になる。引きこもり生活、通算4年間を過ごす。24歳よりアルコール依存症になる。自殺未遂、アルコール依存症により精神科病棟に3回入院。27歳から酒を飲まない生活を続ける。自伝的小説「窓の外は青」(新潟日報事業社)を2001年に出版(にいがた市民文学奨励賞・新潟出版文化賞受賞)。新潟日報にて「心晴れたり曇ったり」を5年間連載。インターネットラジオ「月乃光司のハート宅配便」パーソナリティ。心身障害者の表現イベント「こわれ者の祭典」代表。第5回安吾賞新潟市特別賞。2010年新潟弁護士会人権賞

  • シリーズ名
    朱鷺新書 005
  • ページ数
    191p
  • ISBN
    978-4-86132-479-6
  • 発売日
    2011年12月

1,000 (税込:1,080

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 基本的に僕は「生きることが向いていないタイプ」だと思う

    月乃光司アルコール依存症での
    自らの入院体験を基に書き上げた
    小説『窓の外は青』を再録。
    さらに同書出版からパフォーマンス
    イベント「こわれ者の祭典」開催に
    いたる激動の 年をたどる。
    「酒を飲まない生き方」を決意した
    「かっこ悪く生きていく、こわれ者」
    月乃光司は多くの出会いによって
    支えられていた。
目次
第1部 窓の外は青(窓の外は青
秩格子の中
ロック ほか)
第2部 そのままの自分でいい(そのままの自分でいい―森田療法学習会「生活の発見会」体験記
アルコール依存症者の自助グループと僕
生活の発見会と僕 ほか)
第3部 青空は現れたか(酒を飲まない生き方
働いたことがほとんどなかった
こわれ者の祭典 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

入荷 発売日お知らせ

メールアドレス

    • ドメイン指定受信をされている方は、「@omni7.jp」を受信できるように指定してください。
  • 商品入荷後メールでご連絡いたします。(入荷状況によりメールが配信されない場合がございます。)
  • 当サービスは予約ではありません。
  • 商品入荷後、メールにてご連絡いたします。その際にご注文なさるかご検討ください。
  • 人気商品は注文が集中する為、すぐに品切れになる場合があります。
  • 入荷待ちの場合、「入荷お知らせ」ボタンが表示されている場合、ご登録いただきますと、入荷時にご連絡いたします。
  • 在庫状況は常に変化している為、随時変更する場合があります。
  • お知らせを受取りたいメールアドレスをご選択ください。
  • 商品の予約(注文)の日付が決まりましたらメールでお知らせします。
  • メールアドレスに間違いがないかご確認の上、「登録する」ボタンを押してください。

閉じる

  • 人生は終わったと思っていた アルコール依存症からの脱出
  • 人生は終わったと思っていた アルコール依存症からの脱出

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中