ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「知る権利」と「伝える権利」のためのテレビ 日本版FCCとパブリックアクセスの時代

  • 「知る権利」と「伝える権利」のためのテレビ 日本版FCCとパブリックアクセスの時代

「知る権利」と「伝える権利」のためのテレビ 日本版FCCとパブリックアクセスの時代

  • 金山勉/編著 魚住真司/編著 金山 勉
    1960年山口県防府市生まれ。テレビ山口報道制作局アナウンサー兼記者を経て渡米留学。ウェスタンミシガン大学修士(1993年、コミュニケーション学)、オハイオ大学博士(1998年、マスコミ学)をそれぞれ修了。現在、立命館大学産業社会学部メディア社会専攻教授。Fulbright Visiting Researcher,School of Media and Public Affairs,George Washington University,2004‐05

    魚住 真司
    1965年兵庫県尼崎市に生まれ、米国ワシントン州シアトル市に育つ。NHK報道カメラマンを経て、関西外国語大学外国語学部・准教授(Media Studies)。現在、州立アイオワ大学客員研究員として滞米中(2010年度科研費)。M.A. in Communications(as a recipient of the Crown Prince Akihito Scholarship),Univ.of Hawaii at Manoa,1995.Fulbright Visiting Researcher,Georgetown University Law Center,2004‐05

  • ページ数
    80p
  • ISBN
    978-4-7634-0617-0
  • 発売日
    2011年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

800 (税込:864

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 国民に知らされなかった原発事故の真実。伝説の米FCC(連邦通信委員会)元委員は何を語ったか。大震災後日本社会のメディアへの期待と挑戦。
目次
第1章 「知る」ことと「伝える」こと(人々は必要な情報を得ているか?
日本のテレビは十分な情報を伝えているか?
アメリカのテレビについて知られていない事実
コミュニケーションの営みの中で生じる格差
東日本大震災とコミュニティメディア
二人のFCC関係者が日本にやってきた)
第2章 メディアへのパブリックアクセス―歴史、現在、そして未来(インターネットへのアクセスとその限界
言論の自由とパブリックアクセス
「言論の自由」を高める
あくせす・チャネルの開設へ)
第3章 知る権利のためのテレビ―「日本版FCC」を求めて(テレビのゲートキーパー
ファイスナーと電波監理委員会
「日本版FCC」への試み)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 「知る権利」と「伝える権利」のためのテレビ 日本版FCCとパブリックアクセスの時代
  • 「知る権利」と「伝える権利」のためのテレビ 日本版FCCとパブリックアクセスの時代

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中