ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 年賀状の戦後史

  • 年賀状の戦後史

年賀状の戦後史

  • 内藤陽介/〔著〕 1967年、東京生まれ。郵便学者。東京大学文学部卒業後、切手の博物館副館長などを経て郵便学(郵便資料を用いて国家と社会、時代や地域のあり方を読み解く研究)についての執筆・講演活動をおこなっている。著書に『切手と戦争』『事情のある国の切手ほど面白い』などがある。

  • シリーズ名
    角川oneテーマ21 B-152
  • ページ数
    221p
  • ISBN
    978-4-04-110087-5
  • 発売日
    2011年11月

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

724 (税込:782

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 終戦から平成へ、激動の戦後――日本人は「年賀状」に何を託してきたのか?
    焼け跡に安否を尋ねる「お年玉はがき」の誕生から、戦後の干支廃止論争、郵政労使闘争、そして平成の「プリントゴッコ」ブームへ。われわれ日本人は年賀状に何を託してきたのか?気鋭の郵便学者が描き出す戦後の姿。
目次
第1章 焼け跡から、尋ね人への“謹賀新年”―終戦直後
第2章 「日本の正月」をいかにデザインするか?―GHQ占領期
第3章 カラー切手登場、賞品はテレビ―朝鮮戦争特需後
第4章 郵政労使闘争に巻き込まれる年賀状―五十五年体制の幕開け
第5章 我が町から“大臣切手”で地域振興を―東京オリンピック前後
第6章 干支は一巡し、郵便番号導入―高度経済成長末期
第7章 「インフレ」「年末闘争」という受難―オイルショック期
第8章 プリントゴッコ人気と天皇病臥の自粛の中で―昭和の終わり
終章 “戦後”の終わり、そして平成へ

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 年賀状の戦後史
  • 年賀状の戦後史

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中