ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • カジノ解禁が日本を亡ぼす

  • カジノ解禁が日本を亡ぼす

ポイント倍率

カジノ解禁が日本を亡ぼす

  • 若宮健/〔著〕 若宮 健
    1940年秋田県生まれ。ジャーナリスト。トヨタ自動車に19年勤務。営業マン13年の実績から、トヨタ本社より新車1000台販売の表彰を受ける。独立後、自動車販売会社、損保代理店の経営、タクシードライバーなどを経て、著述、講演に活躍

  • シリーズ名
    祥伝社新書 255
  • ページ数
    194p
  • ISBN
    978-4-396-11255-4
  • 発売日
    2011年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

760 (税込:821

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • カジノ解禁に向けての動きが急である。だが、雇用促進、経済効果、外国人観光客の誘致と、どんなに奇麗事を並べても、ギャンブルは基本的に敗者の犠牲の上に成り立つ。依存症の発生を防ぐ手段もない。著者は韓国で唯一自国民の入場が許されたカジノ「江原ランド」を取材、そこでの自殺者の実態、カジノ周辺に蠢く依存症患者の惨状をレポートする。なによりも日本には、年間売上で世界一のマカオの四倍という、事実上のギャンブル「パチンコ」が、すでに存在する。これ以上国民をギャンブル漬にし、依存症患者を増やしてどうするつもりなのか。
目次
1章 なぜ、日本でいまカジノなのか―解禁論者たちの思惑と勘違い
2章 世界のカジノはいま―韓国、マカオ、ラスベガスの実態とは
3章 カジノ・バブルに沸き立つマカオ―カジノに母屋を取られた国の悲喜劇
4章 亡者の群れ、韓国「江原ランド」の無惨―カジノ解禁後の日本を暗示する光景
5章 カジノ解禁を急ぐ大阪―橋下前知事の真意はどこにあるのか
6章 カジノ反対の有識者たち―なぜ日本で、カジノを解禁してはいけないのか

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • カジノ解禁が日本を亡ぼす
  • カジノ解禁が日本を亡ぼす

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中