ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 笑うオカン戦士 溝渕カミ闘病2000日 38歳、ひっしのパッチで死ぬまで生きた!

  • 笑うオカン戦士 溝渕カミ闘病2000日 38歳、ひっしのパッチで死ぬまで生きた!

ポイント倍率

笑うオカン戦士 溝渕カミ闘病2000日 38歳、ひっしのパッチで死ぬまで生きた!

  • 溝渕佳美/著 カミさんの心をつなぐ委員会/編集 溝渕 佳美
    番組ディレクターとして「はーい!昼ナマ」「たかじんONEMAN」「おばちゃん1000万円!!」「オンナの名言大辞典」「ちちんぷいぷい」などを担当。2009年7月毎日放送退職後もフリーの立場でMBSラジオ「上泉雄一のええなぁ!」コーナー構成を担当

  • ページ数
    351p
  • ISBN
    978-4-8356-1796-1
  • 発売日
    2011年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

お急ぎ店舗受取りについて

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「日記が面白い!」「勇気が出る」とmixiで評判を呼んだ
    MBS毎日放送の名物ディレクターによる、笑えて泣けるボジティブ闘病記。
    大阪・毎日放送のスタジオに200名を越える人が集まった。
    それは、大阪の人気番組「ちちんぷいぷい」の
    ディレクターだった1人の女性のお別れ会。
    溝渕佳美、享年38歳。
    33歳のとき、血液のガン、悪性リンパ腫の告知。
    リスクを覚悟の上で、2回にわたる骨髄移植を受けた。
    病気や子育てに対する夫との価値観の違いから、二度目の移植の直前に離婚。
    5年の闘病の末、8歳の長女を残し、2010年秋、ひとり天国へと旅立った……。
    困難にあってもユーモアを忘れず、前を向いて生きる。それが彼女の生きる姿勢でした。
    これはセザリー症候群という難病と闘い、最後まで諦めずに強く生き抜いた
    ひとりの女性が残した、周囲の人への感謝と一人娘への愛にあふれたメッセージの記録です。
    生きるために大切な力は何なのか? その答えが、ここにあります。
目次
第1章 闘病とよばないで。
第2章 はじめての骨髄移植、そして再発。
第3章 もうええやろ、もうないやろ。
第4章 三歩進んで、二歩さがる。
第5章 あリがとう、ありがとう。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 笑うオカン戦士 溝渕カミ闘病2000日 38歳、ひっしのパッチで死ぬまで生きた!
  • 笑うオカン戦士 溝渕カミ闘病2000日 38歳、ひっしのパッチで死ぬまで生きた!

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中