ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 274人のアンケートから考えた大震災・放射能汚染3.11以後の備える・守る家族のための防災BOOK

  • 274人のアンケートから考えた大震災・放射能汚染3.11以後の備える・守る家族のための防災BOOK

274人のアンケートから考えた大震災・放射能汚染3.11以後の備える・守る家族のための防災BOOK

  • 武田邦彦/共著 細川顕司/共著 武田 邦彦
    1943年東京都生まれ。東京大学教養学部基礎科学科卒業。工学博士。名古屋大学大学院教授を経て、平成19年より中部大学総合工学研究所教授。専門は資源材料工学。物理化学的手法を用いた原子力、材料、環境などの研究と、倫理などの研究。内閣府原子力委員会専門委員、文部科学省科学技術審議会専門委員

    細川 顕司
    財団法人市民防災研究所事務局長・調査研究部長。1943年北海道生まれ。國學院大學文学部卒業。1967年東京消防庁に入庁し、機関紙『東京消防』編集長、池袋都民防災教育センタ長ー(初代)などを歴任。2004年市民防災研究所に入所し、川崎市総務局危機管理室防災企画専門員、東京防災指導協会評議員などを務める。全国自治体の防災計画策定や防災教育プログラムの開発、指導員の育成などに携わる一方、災害地の調査研究に当たる。東日本大震災では釜石市、仙台市、南三陸町、浦安市などで現地調査を実施した

  • ページ数
    151p
  • ISBN
    978-4-88043-427-8
  • 発売日
    2011年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

数量:

1,300 (税込:1,404

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • とっさの身の安全のはかり方、避難する時に持って出るもの、放射線が人体に与える影響とは?放射線に負けない体をつくる、放射能クリーン作戦、被ばく量の計算…。知りたいこと満載。
目次
地震防災編(その時あなたはどこに?
家と室内の安全対策をチェック
あなたと家族を守る防災グッズ
家族とどうやって連絡をとる?
近所のみんなで助け合う)
放射能防護編(これだけは知っておきタい放射能のきほん
放射能汚染を避ける暮らし方11
原発事故から学ぶこれからのこと)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 274人のアンケートから考えた大震災・放射能汚染3.11以後の備える・守る家族のための防災BOOK
  • 274人のアンケートから考えた大震災・放射能汚染3.11以後の備える・守る家族のための防災BOOK

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中