ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「歴史」を動かす 東アジアのなかの日本史

  • 「歴史」を動かす 東アジアのなかの日本史

「歴史」を動かす 東アジアのなかの日本史

  • 小島毅/著 小島 毅
    1962年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。現在、東京大学人文社会系研究科准教授。専門は中国思想史

  • ページ数
    279p
  • ISBN
    978-4-7505-1115-3
  • 発売日
    2011年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 過去に対する見方を動かし,日本の歴史を東アジアの中で見直し,歴史の見方そのものを考える。(歴史図書総目録より)
目次
1部 近代はいつからか(明治のリーダーたちの一般教養―儒教
日本と朝鮮半島の近代化はどう違う?
近現代史の描き方)
2部 三人の先駆者たち(南蛮貿易と織田信長
勘合貿易と足利義満
日宋貿易と平清盛)
3部 変わりうる歴史認識(なぜ南北朝があってはならなかったのか
南北朝時代の思想的背景
謙信・兼続と鎌倉)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

信長、足利義満、清盛など、私たちがよく知っている歴史上の人物は、実際の歴史学の研究で明らかになっている実像とはかなりかけ離れている。たとえば清盛。悪役のイメージが強いが、宋との関係を再構築しようとする国際感覚のある人だった。清盛のイメージは鎌倉時代に作られ、勝者の視点を引きずったまま今日にいたっている。人物だけでなく、南北朝の意味、倭寇の存在、明治維新の背景など、歴史上の事柄はある時代の見方や考え方の影響を受け、常に更新されつづける。日本の歴史を東アジアのなかで見直し、歴史の見方そのものについて考えてみよう。

ページの先頭へ

閉じる

  • 「歴史」を動かす 東アジアのなかの日本史
  • 「歴史」を動かす 東アジアのなかの日本史

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中