ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 放射線被ばくCT検査でがんになる

  • 放射線被ばくCT検査でがんになる

ポイント倍率

放射線被ばくCT検査でがんになる

  • 近藤誠/著 近藤 誠
    1948年、東京都に生まれる。慶応義塾大学医学部放射線科講師。慶応大学医学部を卒業後、アメリカに留学。帰国後は、がん一般の治療を専門とし、乳がん治療では早くから乳房温存療法を実践。一方で、日本の医療界の変革と、患者本位の医療を実現するため、医療現場からの情報公開に力を注ぎ続けている

  • ページ数
    209p
  • ISBN
    978-4-7505-1113-9
  • 発売日
    2011年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,300 (税込:1,404

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ≪緊急出版!≫原子力発電事故、そしてCTなどによる医療被ばくの実態を、20年以上にわたって医学界で独り情報公開を続ける放射線専門医が説く。「CT被ばく世界一」「発がん率世界一」等、次々明らかになる、医療被ばく大国日本の衝撃の事実。
目次
第1部 放射線被ばくの現在―なぜ欺瞞と誤解に満ちているのか(原発事故による被ばくをどう考えるか
CT被ばくと発がん大国日本)
第2部 放射線による「発がん」のリスク―「専門家」に頼らず正しく判断するために(治療被ばくによる発がん
検査被ばくによる発がん
なぜ検査被ばくが蔓延するのか
専門家たちの虚言
不要な検査被ばくを避けるには)
第3部 安全か危険かを自己判断するための基礎情報―医療関係者もぜひお読みください(放射線と検査
放射線の健康への影響
発がんのメカニズム
医療検査による被ばくQ&A
原発事故による被ばくQ&A)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 放射線被ばくCT検査でがんになる
  • 放射線被ばくCT検査でがんになる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中