ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • CIA秘録 その誕生から今日まで 下

  • CIA秘録 その誕生から今日まで 下

CIA秘録 その誕生から今日まで 下

  • ティム・ワイナー/著 藤田博司/訳 山田侑平/訳 佐藤信行/訳 ワイナー,ティム(Weiner,Tim)
    ニューヨーク・タイムズ記者。1956年ニューヨーク生まれ。CIA、国防総省などのインテリジェンスを30年近くにわたってカバーしている。ニューヨークのタウン紙『ソーホー・ニュース』からそのキャリアをスタートし、『フィラデルフィア・インクワイアラー』に移籍、調査報道記者として国防総省、CIAの秘密予算を明るみにだし、1988年ピューリッツアー賞を受賞。1993年『ニューヨーク・タイムズ』紙に移籍、99年までワシントン支局でCIAを担当

    藤田 博司
    1937年生まれ。元共同通信記者。サイゴン支局員、ニューヨーク支局長、ワシントン支局長、論説副委員長などを経て、1995‐2005年上智大学教授、05‐08年早稲田大学客員教授

    山田 侑平
    1938年生まれ。人間総合科学大学名誉教授。元共同通信記者。ニューヨーク支局員、ブリュッセル支局長などを経て、2000年から人間総合科学大学で教鞭をとる

    佐藤 信行
    1937年生まれ。元共同通信記者。ロンドン支局員、東欧特派員、テルアビブ支局長、ワシントン支局長、外信部長、編集委員室長などを経て、1997‐2003年和歌山大学教授。74年度ボーン国際記者賞を受賞している

  • シリーズ名
    文春文庫 ワ2-2
  • ページ数
    604p
  • ISBN
    978-4-16-765177-0
  • 発売日
    2011年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,048 (税込:1,132

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 諜報機関を20年以上に亘り取材した調査報道記者が、その誕生から今日までのCIAの姿を全て情報源を明らかにして書いた衝撃の書。
目次
第3部(承前) ケネディ、ジョンソン時代―1961‐1968(「知恵よりも勇気」マコーンの辞任
「長い下り坂の始まり」新長官、ラオス、タイ、インドネシア
「その時、戦争に勝てないことを知った」ベトナムからの報告
「政治的な水爆」チェ・ゲバラ捕獲
「外国の共産主義者を追い詰める」ベトナム反戦運動)
第4部 ニクソン、フォード時代―1968‐1977(「あの間抜けどもは何をしているのだ」ニクソンとキッシンジャー
「米政府は軍事的解決を望む」チリ、アジェンデ政権の転覆
「ひどいことになるだろう」ウォーターゲート事件
「秘密機関の概念を変える」シュレジンジャーの挫折
「古典的なファシストの典型」キプロス紛争
「CIAは崩壊するだろう」議会による調査
「サイゴン放棄」サイゴン陥落
「無能で怯えている」ブッシュ新長官)
第5部 カーター、レーガン、ブッシュ・シニア時代―1977‐1993(「カーターは体制の転覆を図っている」カーター人権外交
「ただぐっすり寝込んでいたのだ」イラン革命
「野放図な山師」ソ連のアフガニスタン侵攻
「危険なやり方で」レバノン危機
「ケーシーは大きな危険を冒していた」イラン・コントラ事件1
「詐欺師のなかの詐欺師」イラン・コントラ事件2
「考えられないことを考える」ソ連の後退
「壁が崩れるときどするか」湾岸戦争とソ連崩壊)
第6部 クリントン、ブッシュ時代―1993‐2007(「われわれにはまったく事実がなかった」ソマリア暴動
「一体全体どうして分からなかったのか」エームズ事件
「経済的な安全保障のやめのスパイ」日米自動車交渉
「厄介な事態に陥っている」ウサマ・ビンラディンの登場
「これほど現実的な脅威はあり得ないだろう」9.11への序曲
「暗黒の中へ」ビンラディン捕獲作戦
「重大な間違い」イラク大量破壊兵器
「葬儀」灰の遺産)

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 16cm
原題 原タイトル:Legacy of Ashes
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • CIA秘録 その誕生から今日まで 下
  • CIA秘録 その誕生から今日まで 下

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中