ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • われ日本海の橋とならん 内から見た中国、外から見た日本-そして世界

  • われ日本海の橋とならん 内から見た中国、外から見た日本-そして世界

ポイント倍率

われ日本海の橋とならん 内から見た中国、外から見た日本-そして世界

  • 加藤嘉一/著 加藤 嘉一
    英フィナンシャルタイムズ中国語版コラムニスト、北京大学研究員、慶応義塾大学SFC研究所上席所員、香港フェニックステレビコメンテーター。1984年静岡県生まれ。2003年高校卒業後単身で北京大学留学。同大学国際関係学院大学院修士課程修了。年間300以上の取材を受け、200本以上のコラムを書く、香港系フェニックスニューメディア(鳳凰網)における自身のブログは2008年3月開設後、3カ月で500万、半年で1000万アクセス、現在5500万アクセスを突破

  • ページ数
    192p
  • ISBN
    978-4-478-01647-3
  • 発売日
    2011年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

お急ぎ店舗受取りについて

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 人の波がぶつかりあい時代のエネルギーが炸裂する。アジアでいちばん激しく生命力があふれた国、中国。中国で「もっとも有名な日本人」となった著者が、内側から見た人にしかわからないリアルタイムの中国を語ります。そこから見えてくるのは、中国、日本、世界の現在。日本は、そして日本人は、これからいったいどこへ向かえばいいのか。私たちの課題も見えてきます。
目次
第1章 中国をめぐる7つの疑問(中国に自由はあるのか?
共産党の一党独裁は絶対なのか? ほか)
第2章 僕が中国を選んだ理由(環境は人をつくり、時代は人を変える
世界で勝負するには英語が必要! ほか)
第3章 日中関係をよくするために知ってほしいこと(日本だけが抱えるチャイナリスク
地下鉄で胸ぐらを掴まれる ほか)
第4章 中国の民意はクラウドと公園にある(インターネット人口5億人の衝撃
街に溶け込むインターネット ほか)
第5章 ポスト「2011」時代の日本人へ(「自分にできること」はなにか
日本に寄せられた共感と敬意 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • われ日本海の橋とならん 内から見た中国、外から見た日本-そして世界
  • われ日本海の橋とならん 内から見た中国、外から見た日本-そして世界

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中