ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 子どもたちを放射能から守るために

  • 子どもたちを放射能から守るために

ポイント倍率

子どもたちを放射能から守るために

  • 菅谷昭/著 菅谷 昭
    1943年長野県生まれ。信州大学医学部卒業後、甲状腺疾患の専門医として活躍。1996年に信州大学を辞めて、チェルノブイリ原発事故被災地の医療支援活動のため、ベラルーシ共和国に渡る。首都ミンスクの国立甲状腺がんセンター、高度汚染地域のゴメリの州立がんセンター等で、小児甲状腺がんの外科治療を中心に、5年半の医療支援活動を行った。帰国後、2004年に長野県松本市の市長に就任。チェルノブイリ原発事故の現状を踏まえながら、NPO法人「チェルノブイリ医療基金」の活動とともに、さまざまな提言を松本から発している

  • ページ数
    82p
  • ISBN
    978-4-7505-1111-5
  • 発売日
    2011年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

952 (税込:1,028

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 放射能を正しく知り、放射能から正しく身を守る。(社会図書総目録より)
目次
1章 放射能を浴びたら、どんな健康被害がでるのですか?(放射能には、どんな危険性があるのですか?
「ベクレル」と「シーベルト」の違いを教えてください
「内部被ばく」と「外部被ばく」は、どんな違いがあるのですか? ほか)
2章 水や野菜や魚、ふつうに摂ってもだいじょうぶですか?(残留放射能濃度はどうなっているのでしょう
どんな食べものに気をつけたらいいですか?
魚は安全ですか? ほか)
3章 25年目のチェルノブイリ(いま、チェルノブイリ被災地では…
高汚染の「埋葬の村」で
悲しみを繰りかえさないために ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

福島原発の事故の後、水道水やほうれん草にヨウ素が検出され一時騒がれました。「直ちに影響がない」という言葉が繰り返されましたが、本当のところはどうなのだろう?というのがとても気になり、その時から勉強を始めました。昨日、今まで読んだ放射能・原発・原爆関連の本を数えた三十冊を超えていました。現在、松本市長で現在松本市長をされている菅谷さん。チェルノブイリの医療に携わられたこともあり、松本市では給食の内部被ばく0を目指されているそうです。給食を心配して、松本市へ引っ越される方も多いと聞いています。親が子どもの命を守りたいと思う、もちろん放射能からも。それは当然の気持ちであると思います。それでも、スーパーで売られてるものは安全だし、放射能に気をつけようとすると、気にしすぎと言われます。私たちは原発のある国でありながら、何の知識も持ってきませんでした。それは自治体もしかりです。食品は、安全性がはっきりしていなければ、口にする気分になりません。これは風評被害ではなく、「安全なものを食べたい」という、人として当たり前の欲求です。とこの本の中にはあります。気にしすぎと言われともすると、気持ちをわかってもらえないだけでなく、説得されてしまう私のような親にとってはとてもありがたい言葉です。文中の言葉には、大きくうなずける箇所が何箇所もありました。菅谷さんは、今、食の不安におびえる多くの母親たちの味方のような人。チェルノブイリのことから謙虚に学ばなくてはいけないと私も思います。本当のことがまだ後出し小出しにされる中、子どもたちをどうしたら守っていけるのか、一人ひとりの親が真剣に考えなくてはいけないと思います。そんな時に参考になる一冊だと思います。(はなびやさん 40代・愛知県○市 男の子9歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • 子どもたちを放射能から守るために
  • 子どもたちを放射能から守るために

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中