ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 美術家の横顔 自由と人権、革新と平和の視点より

  • 美術家の横顔 自由と人権、革新と平和の視点より

美術家の横顔 自由と人権、革新と平和の視点より

  • 成澤榮壽/著 成澤 榮壽
    1934年、東京に生まれる。1962年、早稲田大学大学院文学研究科(史学専攻)修士課程修了(西岡虎之助先生に師事)。日本近代史。1962年、東京立正高等学校勤務を皮切りとした教員生活は、2000年、長野県短期大学長の退任をもって終止符を打つ。現在、社団法人部落問題研究所理事長、全国公立短期大学協会顧問

  • ページ数
    247p
  • ISBN
    978-4-7634-0602-6
  • 発売日
    2011年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

お急ぎ店舗受取りについて

数量:

2,000 (税込:2,160

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 自由と革新を求めた芸術家たちの人生と時代。近現代日本の芸術家たちの軌跡、女性美術家たちの自立と苦闘。19世紀から20世紀にわたる東西・美術家たちの自由への志向を軽やかに描く異色の芸術家論。
目次
版画家ケーテ・コルヴィッツの反戦とヒューマニズム
魯迅 コルヴィッツ 上野誠
日本洋画の先駆者―高橋由一の再評価
原田直次郎と森鴎外
民族の独立を願って―ミュシャとスメタナ
浅井忠―師フォンタネージの技法と画風を発展させた
女性洋画家の先達―イコン作家山下りん
世界性を追求した日本画家―秋野不矩
夭折の日本画家三橋節子―子を想う母の心が傑作を生み出す
女性画壇の向上と女性差別の克服と―三岸節子〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 美術家の横顔 自由と人権、革新と平和の視点より
  • 美術家の横顔 自由と人権、革新と平和の視点より

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中