ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 企業風土とクルマ 歴史検証の試み

  • 企業風土とクルマ 歴史検証の試み

企業風土とクルマ 歴史検証の試み

  • 桂木洋二/著 桂木 洋二
    フリーライター。東京生まれ。1960年代から自動車雑誌の編集に携わる。1980年に独立。それ以降、車両開発や技術開発および自動車の歴史に関する書籍の執筆に従事

  • ページ数
    379p
  • ISBN
    978-4-87687-316-6
  • 発売日
    2011年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

数量:

2,800 (税込:3,024

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 1911年、日本初の自動車会社「快進自働車工場」が誕生。日産とトヨタをはじめとする各メーカーが参入し、今日につながっている。それぞれの経営トップはいかに行動し、企業の方向性を決めていったのか。そして会社が持つ文化や特性は、クルマづくりにどう影響してきたのか。日本の自動車メーカー100年の歩み。
目次
序章 日本メーカーの特殊性と経営トップ
第1章 日産とトヨタの創業時代・一九三一年~一九四五年
第2章 戦後の混乱期の動向・一九五〇年までの五年間
第3章 乗用車開発に力を入れるメーカー・一九五〇年代前半
第4章 経済成長と自動車メーカーの活動・一九六〇年代前半
第5章 世界的メーカーへの成長・一九六〇年代後半
第6章 オイルショックと排気規制の時代・一九七〇年代中心に
第7章 海外進出と技術革新の時代・一九八〇年代中心に
第8章 グローバル化の進行と変貌する自動車産業

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 企業風土とクルマ 歴史検証の試み
  • 企業風土とクルマ 歴史検証の試み

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中