ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 日本人の底力 世界は「わが民族の叡智」を求めている

  • 日本人の底力 世界は「わが民族の叡智」を求めている

ポイント倍率

日本人の底力 世界は「わが民族の叡智」を求めている

  • 北尾吉孝/著 北尾 吉孝
    1951年、兵庫県生まれ。74年、慶應義塾大学経済学部卒業。同年、野村證券入社。78年、英国ケンブリッジ大学経済学部卒業。92年、野村證券事業法人三部長。95年、孫正義氏の招聘によりソフトバンク入社、常務取締役に就任。現在、ベンチャーキャピタルのSBIインベストメント、オンライン総合証券のSBI証券、インターネット専業銀行の住信SBIネット銀行、ダイレクト損保SBI損保等の革新的な事業会社を傘下に有し、金融、不動産、生活関連サービスなどの事業を幅広く展開する総合企業グループ、SBIホールディングス代表取締役執行役員CEO

  • ページ数
    226p
  • ISBN
    978-4-569-79698-7
  • 発売日
    2011年05月

1,400 (税込:1,512

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 国士・安岡正篤の“先見性ある日本論”を紐解き、影響力弱まる一方の日本が、起死回生を計るための国家戦略を明示する。
目次
序章 二十一世紀の近未来を洞察する(エマージングカントリーの躍進
中国の将来像 ほか)
第1章 西洋文明の限界(シュペングラー『西洋の没落』の予言
人類の五つの罪悪性 ほか)
第2章 社会の変革を担うのは誰か(風のまにまに動く「大衆」
改めるべきは政治家でなく「個人」 ほか)
第3章 社会変革を担う人物になるために(まず「忙」を癒す
読書で精神を磨く ほか)
第4章 日本民族として二十一世紀に何を為すべきか(安岡先生『日本精神の研究』の教え
「陽的文化」対「陰的文化」 ほか)
第5章 今後の日本及び日本人の行動指針(ドイツ、フランスに見る「ヒトの開国」
移民政策は介護分野から徐々に始める ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 日本人の底力 世界は「わが民族の叡智」を求めている
  • 日本人の底力 世界は「わが民族の叡智」を求めている

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中