ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 中小企業政策と「中小企業憲章」 日欧比較の21世紀

  • 中小企業政策と「中小企業憲章」 日欧比較の21世紀

中小企業政策と「中小企業憲章」 日欧比較の21世紀

  • 三井逸友/著 三井 逸友
    長野県生まれ。1972年慶應義塾大学経済学部卒業。1981年慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程修了。1981年駒澤大学経済学部専任講師(「中小企業論」担当)。1991年同教授。2001年横浜国立大学大学院環境情報研究院教授(「地域イノベーション政策」担当)。この間、ロンドン大学経済学政治学校(LSE)訪問研究員、ケンブリッジ大学応用経済学部訪問研究員、キングストン大学中小企業研究センター客員教授、関東学院大学・静岡大学・駒澤大学・専修大学・北星学園大学・早稲田大学各非常勤講師

  • ページ数
    418p
  • ISBN
    978-4-7634-0596-8
  • 発売日
    2011年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,500 (税込:3,780

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「中小企業憲章」とはなにか?日本は、中小企業政策の“先進国”なのか、“一周遅れ”の国になってしまったのか?欧州連合、そして世界での中小企業はどういう存在なのか?日本の経済社会の未来にとって中小企業の役割とは…2010年「中小企業憲章」の閣議決定にいたった日本の中小企業政策の展開を、EU欧州連合などの動向との関係でとらえ、「中小企業問題と中小企業政策のグローバル化」の状況下での政策の理念、課題、実態を、2000年代を中心に縦横に比較検討した労作。
目次
第1部 中小企業研究の課題と中小企業論・比較政策論の方法(中小企業研究の意義と課題、中小企業論の歴史と到達点
中小企業研究の展開と国際的位相 ほか)
第2部 中小企業政策論と同時代的比較研究(中小企業政策の意義と1999年日本中小企業政策の「大転換」
補論 中小企業政策の転換と評価―リビュー的整理と総括として)
第3部 21世紀EU中小企業政策の展開(EU中小企業政策の展開過程
「欧州小企業憲章」と2000年代のEU中小企業政策 ほか)
第4部 EU中小企業政策の課題と実践(欧州での「代金支払遅延問題」と是正策
地域政策・地域イノベーション戦略と中小企業政策 ほか)
第5部 まとめ―21世紀中小企業政策と「中小企業憲章」(2010年日本版「中小企業憲章」の制定)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 中小企業政策と「中小企業憲章」 日欧比較の21世紀
  • 中小企業政策と「中小企業憲章」 日欧比較の21世紀

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中