ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 40歳までに手放す3つのこと

  • 40歳までに手放す3つのこと

40歳までに手放す3つのこと

  • 東茂由/著 東 茂由
    山口県周防大島生まれ。早稲田大学教育学部卒業。ホテルマン、出版社の編集、業界誌記者、電気メーカーディーラーなどの仕事を経て、物書きとして独立。医学、健康、人間の感情と生き方をテーマにして長年、取材・執筆活動を続けている。経験と知識に裏付けられた観察眼と見識に定評がある

  • シリーズ名
    経済界新書 004
  • ページ数
    215p
  • ISBN
    978-4-7667-2014-3
  • 発売日
    2011年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

800 (税込:864

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 40代は「努力」が通用した30代とは違う!これまでのものの見方や考え方、価値観を捨て、身軽な「本物の大人」を目指せ!「真の人生」は、40代から始まるのだ。
目次
序章 死ぬとき後悔しないために四〇代をどう生きればいいのか―人生は「捨てる=攻める」ほどに大きく飛躍する(四〇歳で「惑い、迷うこと」は成長した証である
「本物の自信」は、四〇歳から身につけられる ほか)
1章 振り回されない、流されない四〇代を生きるためにすべきこと―「仕事」を手放してわかること(三〇代のように「がむしゃら」では後悔するし、失敗する
社会に捨てられたから小説家になった桐野夏生さん ほか)
2章 「人間関係」を整理すると、なぜか心と体が軽くなる―「人との関係」を手放す生き方(人生は、人間関係で一八〇度変わる
いまこそ机の上よりも、人間関係を整理するとき ほか)
3章 ありのままの姿に戻れば、もっと楽に生きられる―「自分」を手放すということ(身を捨ててこそ、浮かぶ瀬もあり
天才ゲーテがすべてを捨てて、得たものとは ほか)
終章 これまで私たちは何かを手放し、何かを得て生きてきた―「価値観」を手放したとき拓かれる未来がある(我々は一度に二枚の服は着られない
「小欲を捨て、大欲に立つ」生き方がいい ほか)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 40歳までに手放す3つのこと
  • 40歳までに手放す3つのこと

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中