ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 三島由紀夫を読む

  • 三島由紀夫を読む

ポイント倍率

三島由紀夫を読む

  • 佐藤泰正/編 佐藤 泰正
    1917年生。梅光学院大学特任教授。文学博士

  • シリーズ名
    笠間ライブラリー 梅光学院大学公開講座論集 59
  • ページ数
    181p
  • ISBN
    978-4-305-60260-2
  • 発売日
    2011年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

お急ぎ店舗受取りについて

数量:

1,000 (税込:1,080

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 2010年に没後40周年を迎えた三島由紀夫。小説をはじめ、戯曲、詩、交友関係などから8名の論者が三島作品を証言・追究する。
目次
三島由紀夫、「絶対」の探求としての言葉と自刃(富岡幸一郎)
畏友を偲んで(高橋昌也)
『鹿鳴館』の時代―明治の欧化政策と女性たち(久保田裕子)
文学を否定する文学者―三島由紀夫小論(中野新治)
近代の終焉を演じるファルス―三島由紀夫『天人五衰』(『豊饒の海』第四巻)を読む(北川透)
三島由紀夫『軽王子と衣通姫』について―西洋文学と『春雨物語』の影響(倉本昭)
冷感症の時代―三島由紀夫『音楽』と「婦人公論」(加藤邦彦)
三島由紀夫とは誰か―その尽きざる問いをめぐって(佐藤泰正)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 三島由紀夫を読む
  • 三島由紀夫を読む

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中