ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 弥生土器、海軍砲、新技術で近代史を彩った有坂【ショウ】蔵

  • 弥生土器、海軍砲、新技術で近代史を彩った有坂【ショウ】蔵

弥生土器、海軍砲、新技術で近代史を彩った有坂【ショウ】蔵

  • 望月澄男/著 望月 澄男
    1932年、名古屋市生まれ。広島県呉市で育つ。東京大学工学部精密工学科卒業後、自動車メーカーの東洋工業(現マツダ)に入社。トラック、マツダ初の乗用車R360クーペから全車の開発にかかわる。初代RX‐7開発主査、乗用車開発統括主査、実験研究部、品質保証部を経て取締役研究開発副本部長、技術研究所長、常務取締役を歴任。辰榮工業社長、その他、東広島商工会議所副会長、自動車技術会技術担当理事、日本金属学会中国四国支部長、広島大学工学部非常勤講師、マツダ学園高屋幼稚園理事長などを務める

  • ページ数
    221p
  • ISBN
    978-4-89522-566-3
  • 発売日
    2011年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

お急ぎ店舗受取りについて

数量:

1,800 (税込:1,944

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 大砲の国産化に尽力した有坂を中心に、日露戦争頃の近代の発展をまとめた書籍。
目次
第1章 弥生土器を発見した少年(蝶を追い、遺跡を駆けて
乃木希典の靴音、竹橋騒動の記憶 ほか)
第2章 海軍技術士官、造兵学の道へ(造兵学科の第一号学生
欧米の脅威にさらされて ほか)
第3章 呉工廠時代 先進国を目指して(フランス留学での日々
呉に設立された兵器製造所 ほか)
第4章 日露戦争時代 海軍の命運とともに(日本海海戦の勝利
有坂の兄弟に間違えられた親王 ほか)
第5章 歴史と技術の研究を「未来」につなぐ(呉を去り、東京へ
孫文の呉海軍工廠訪問 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 弥生土器、海軍砲、新技術で近代史を彩った有坂【ショウ】蔵
  • 弥生土器、海軍砲、新技術で近代史を彩った有坂【ショウ】蔵

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中