ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 家のない少年たち 親に望まれなかった少年の容赦なきサバイバル

  • 家のない少年たち 親に望まれなかった少年の容赦なきサバイバル

家のない少年たち 親に望まれなかった少年の容赦なきサバイバル

  • 鈴木大介/著 鈴木 大介
    1973年生れ。「犯罪をする側の論理」をテーマに、裏社会・触法少年少女らの生きる現場を中心に取材活動をつづけるルポライター

  • ページ数
    261p
  • ISBN
    978-4-7783-1236-7
  • 発売日
    2011年01月

1,600 (税込:1,728

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 家族からも、地域からも置き捨てられた少年たち親からも学校からも地域からも取り残され、居場所なく「生きるため」に罪を犯す少年達。オレオレ詐欺、架空請求、美人局、闇金ーー身元引受人がいないため鑑別所や少年院に入り、そこで知り合った仲間とさらなる「社会への復讐」を果たそうとする彼らの生い立ち、考え方、心情まで、最深部を活写します。
目次
序章 老兵の予言
第1章 邂逅
第2章 18歳の振り込め詐欺日記
第3章 予行演習
第4章 カラフルな男たち
第5章 楽園
第6章 最弱ホストの居場所
第7章 帰還兵
第8章 共食いの時代
第9章 出発

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 家のない少年たち 親に望まれなかった少年の容赦なきサバイバル
  • 家のない少年たち 親に望まれなかった少年の容赦なきサバイバル

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中