ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • どうして、国を守らなければいけないの?

  • どうして、国を守らなければいけないの?

ポイント倍率

どうして、国を守らなければいけないの?

  • 瀧澤中/著 瀧澤 中
    作家・政治史研究家。昭和40年生まれ。駒澤大学法学部上條末夫研究室卒。著述や講演を行う

  • シリーズ名
    リュウ・ブックスアステ新書 102
  • ページ数
    239p
  • ISBN
    978-4-7667-1102-8
  • 発売日
    2010年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

800 (税込:864

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「どうして自衛隊があるの?」「アメリカの基地は、なぜあるの?」「どうして戦争は起きるの?」「日本を守らないと、どうなるの?」教科書にはけっして書かれていない「子どもの素朴な疑問」に答える。
目次
序節 日本人の“本当の姿”とは?
第1節 どうして、国を守らなければいけないの?(領土・領空・領海を守る
価値観を守る
歴史を守る
未来を守る
生命と財産を守る)
第2節 どんな国なら、侵略されにくいの?(情報の収集とその分析力がある
同盟を組む
味方を増やす
侵略者を追い返すだけの軍事力を持っている)
第3節 いま、「自衛隊の海外派遣」は、「憲法」はどうなっているの?(どうして、自衛隊は海外に派遣されるの?
憲法と安全保障との微妙な関係)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • どうして、国を守らなければいけないの?
  • どうして、国を守らなければいけないの?

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中