ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 意味論と語用論の接点からみる話し言葉の研究

  • 意味論と語用論の接点からみる話し言葉の研究

意味論と語用論の接点からみる話し言葉の研究

  • 許夏玲/著 許 夏玲()
    中国香港出身。香港大学文学部英文学科卒。名古屋大学大学院文学研究科日本語教育専攻博士課程満期退学。名古屋大学助手、東京学芸大学留学生センター講師を経て、准教授。学術博士

  • ページ数
    233p
  • ISBN
    978-4-86398-025-9
  • 発売日
    2010年10月

2,400 (税込:2,592

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

目次
話し言葉の研究
語用論
「接続助詞」「条件形」「第二中止形」「引用助詞」に関する先行研究
文末の「ケド」の意味機能
文末の「カラ」の意味機能
「トイエバ」「トイッタラ」の意味機能
文末の「ッテ」の意味機能
文末表現と終助詞「ネ」「ヨ」の共起関係
文末表現とポライトネス
接続詞「ダッテ」の使用実態
情報要求のストラテジー

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 意味論と語用論の接点からみる話し言葉の研究
  • 意味論と語用論の接点からみる話し言葉の研究

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中