ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • かぜがふいてきた…

  • かぜがふいてきた…

かぜがふいてきた…

  • いもとようこ/作・絵 いもと ようこ
    兵庫県生まれ。金沢美術工芸大学油絵科卒。『ねこの絵本』(講談社)『そばのはなさいたひ』(佼成出版社)で、ボローニャ国際児童図書展エルバ賞2年連続受賞。『いもとようこ うたの絵本(1)』(講談社)で同展グラフィック賞受賞

  • シリーズ名
    えほんのぼうけん 17
  • ページ数
    32p
  • ISBN
    978-4-265-07037-4
  • 発売日
    2010年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,300 (税込:1,404

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • あるところにおとこがいました。おとこはいえもなく、かぞくもなく、ともだちもいませんでした。楽あれば苦あり。人生にはいろんなかぜがふいてくる…。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 25×25cm
対象年齢 幼児

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

ハリケーンでたくさんの動物が飛んできます。孤独な男がそれをキャッチ。でも豚まで飛んできて、とうとう家まで飛んできます。みんなでその家で暮らすけれど、次の嵐でまた自分以外が家も含めて全部飛んでいってしまいます。でも明日は明日の風がふくから大丈夫、と今度は元気に生きていくお話。全体に、心が強くなれそうな、友情や家族を大事にできそうな本でよかったです。絵も可愛いし。でも、家まで嵐で飛んでいくのに男だけが飛ばずに残るってとても違和感があって、納得いかないです。一緒に飛んで行けばきっとまたみんなで暮らせて楽しいのに。あと、「男」の名前が作られなかったのはちょっと残念。(えみりん12さん 30代・東京都新宿区 女の子3歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • かぜがふいてきた…
  • かぜがふいてきた…

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中