ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • かがみの国のアリス 新訳

  • かがみの国のアリス 新訳

かがみの国のアリス 新訳

  • ルイス・キャロル/作 河合祥一郎/訳 okama/絵 キャロル,ルイス(Carroll,Lewis)
    1838~1898年。イギリスの作家で数学者でもある。代表作は、『ふしぎの国のアリス』など

    河合 祥一郎
    1960年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科准教授

    okama
    1974年生まれ。漫画家、イラストレーター。小説のさし絵や雑誌の表紙イラスト、アニメのデザインといった、さまざまな分野で活躍

  • シリーズ名
    角川つばさ文庫 Eき1-2
  • ページ数
    269p
  • ISBN
    978-4-04-631108-5
  • 発売日
    2010年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

数量:

580 (税込:626

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 今度はアリスが女王になるってホント!?雪の日、だんろの部屋でいたずら子ネコをたしなめてたら、かがみの中に入っちゃった!アリスはチェスのコマになるの?お花はしゃべるし、チョウチョのバタつく羽根はバター付きのパン。ずんぐり坊やのおかしな双子や、いばった卵人間ハンプティ・ダンプティも登場。かがみの国はもっとヘンテコ!あなたもチェス・ゲームに出てみない?78の絵と新訳で名作をどうぞ。小学中級から。
目次
この商品の目次情報はありません。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 18cm
原題 原タイトル:Through the Looking‐Glass and What Alice Found There
対象年齢 小学34年生

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

ふしぎの国と2冊セットで購入しました。新訳なのでともかく子供に読みやすい。困った女王も新訳だとなんだかかわいらしく見えてきます。蝶の超ショックが朝食、、、とか、日本語になっても面白い。そして初めてみる訳なので新鮮。絵もかわいいからおすすめです。(えみりん12さん 40代・東京都 女の子8歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • かがみの国のアリス 新訳
  • かがみの国のアリス 新訳

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中