ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 事情のある国の切手ほど面白い

拡大

  • 事情のある国の切手ほど面白い

事情のある国の切手ほど面白い

  • 内藤陽介/著 内藤 陽介
    郵便学者。1967年東京都生まれ。東京大学文学部卒業。切手等の郵便資料から国家や地域のあり方を読み解く「郵便学」を提唱し、研究・著作活動を続けている

  • シリーズ名
    メディアファクトリー新書 007
  • ページ数
    190p
  • ISBN
    978-4-8401-3493-4
  • 発売日
    2010年08月

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

740 (税込:799

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • あの北朝鮮が切手が反核を訴えた!?個人崇拝を禁じたはずのカストロ切手が続々登場?ベルギーの切手に、公用語が記載されないのはいったいなぜ?国家名義で発行される切手は、その国のイデオロギーや経済状態を世界に喧伝する「外交官」である。郵便学者にして国際政治学の泰斗が縦横に解き明かす、小さな紙片に込められた、各国の驚くべき本音と外交術。
目次
はじめに 切手を見れば、世界がわかる
第1章 政情が不安定な国
第2章 表と裏を使い分ける国
第3章 奇妙な独裁者がいる国
第4章 領土争いをしている国
第5章 外貨をぼったくる国
おわりに 切手を世界への架け橋として

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 事情のある国の切手ほど面白い

拡大

  • 事情のある国の切手ほど面白い

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中