ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 明治の日本人と地方自治 伊良湖岬村長物語

  • 明治の日本人と地方自治 伊良湖岬村長物語

明治の日本人と地方自治 伊良湖岬村長物語

  • 嶋津隆文/著 嶋津 隆文
    昭和22年愛知県伊良湖岬生まれ、早稲田大学法学部卒。昭和47年東京都庁に入庁し、主として企画、国際、文化部門を歩く。その間、総合研究開発機構(NIRA)主任研究員、東京都のニューヨーク駐在代表をへて石原都政下で部長、局長を歴任。平成17年に東京観光財団専務、19年に国立市長選に出馬。平成20年より松蔭大学教授(地域行政論)

  • ページ数
    238p
  • ISBN
    978-4-87526-294-7
  • 発売日
    2010年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「常に志を遠大に馳せて理想を失はず」。こう称えられた明治生まれの一人の村長の生涯を通して、明治の日本人の地域に尽くす意気込みと苦悩の姿を追う力作。明治維新から戦前に至る、わが国の地方自治制度の改革の歩みも、その功罪とともに検証される。
目次
1章 明治期の奥郡の自治(伊良湖岬村と自治のしくみ
明治初期の2つの制度改革
明治中後期の2つの合併
「土着」を継承する日本の自治)
2章 伊良湖岬村長に見る自治行政(嶋津十文字の生い立ち
初代村長永井織平の挑戦
若い十文字村長の意気込み
社会クーデターで村長失脚)
3章 戦時下で揺れる伊良湖岬村長(軸足はあくまで地域の振興
戦争突入後の村長の取り組み
戦時下での地方制度改革
十文字村長にみる気骨と挫折)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 明治の日本人と地方自治 伊良湖岬村長物語
  • 明治の日本人と地方自治 伊良湖岬村長物語

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中