ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • だれでも1日200回はウソをつく! ウソのつき方・つかれ方知らなきゃ損する[ウソ大全]

  • だれでも1日200回はウソをつく! ウソのつき方・つかれ方知らなきゃ損する[ウソ大全]

だれでも1日200回はウソをつく! ウソのつき方・つかれ方知らなきゃ損する[ウソ大全]

  • クラウディア・マイヤー/著 畔上司/訳 マイヤー,クラウディア(Mayer,Claudia)
    心理学者、ジャーナリスト。ミュンヘン大学とドイツ・ジャーナリスト学校(ミュンヘン)で学ぶ。1999年以降、テレビ局“pro sieben”で一般向け科学番組「ガリレオ」の編集スタッフを務め、マサイ族などを体験取材。また『ネオン』誌、『SZヴィッセン』誌、『南ドイツ新聞』などに寄稿

    畔上 司
    1951年、長野県生まれ。東京大学経済学部卒。日本航空勤務を経て、現在ドイツ文学・英米文学翻訳家

  • ページ数
    284p
  • ISBN
    978-4-484-10105-7
  • 発売日
    2010年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • だれでも1日200回はウソをつくという。「ウソは悪いこと」ではあるが、ウソなしでは人間関係を築けないどころか生きていくことさえできないのも事実。本書では、ウソをつくときの微妙な心理状態、ウソの男女差、国による違い、偽造品や動物の擬態、写真や統計のウソ、政界のウソなどウソのあらゆる事例を紹介し、ウソの発見法までを詳述。日常のつきあいや社会の見方が変わります。
目次
第1編 私たちはウソをつく(誰もがウソをつく理由
ウソのつき方いろいろ
ウソの歴史総まくり)
第2編 私たちはいつもウソをつかれている(あなたのまわりはウソだらけ
政治のウソ
ウソを暴け!)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
原題 原タイトル:LOB DER LUGE
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • だれでも1日200回はウソをつく! ウソのつき方・つかれ方知らなきゃ損する[ウソ大全]
  • だれでも1日200回はウソをつく! ウソのつき方・つかれ方知らなきゃ損する[ウソ大全]

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中