ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 現代日本語における外来語の量的推移に関する研究

  • 現代日本語における外来語の量的推移に関する研究

現代日本語における外来語の量的推移に関する研究

  • 橋本和佳/著 橋本 和佳
    同志社大学大学院文学研究科国文学専攻博士後期課程単位取得退学。博士(国文学)。専門は日本語学・語彙。現在、同志社大学文学部国文学科任期付講師、同志社女子大学表象文化学部日本語日本文学科嘱託講師

  • シリーズ名
    ひつじ研究叢書 言語編第86巻
  • ページ数
    369p
  • ISBN
    978-4-89476-473-6
  • 発売日
    2010年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

お急ぎ店舗受取りについて

数量:

9,000 (税込:9,720

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 大正以降の新聞社説資料を中心に通時的語彙調査を行い、「外来語がどのように増加してきたか」という量的推移について考察する。また、計量的手法を用いて、外来語の増加過程が典型的な成長現象に見られる「S字カーブ」のパターンを描くことを明らかにし、そのモデルを提示する。巻末には外来語の語彙表を付す。
目次
第1章 外来語の計量的研究の試み
第2章 朝日新聞社説調査の概要
第3章 得られた外来語の概観
第4章 外来語の量的推移
第5章 社説のジャンルと外来語使用
第6章 社説における外来語の広範囲語彙
第7章 外来語の表記について
第8章 読売新聞社説の外来語
第9章 戦後の国会演説における外来語
第10章 外来語増加のS‐curveモデル
第11章 まとめと今後の展望

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 現代日本語における外来語の量的推移に関する研究
  • 現代日本語における外来語の量的推移に関する研究

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中