ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ルポ戦場出稼ぎ労働者

  • ルポ戦場出稼ぎ労働者

ルポ戦場出稼ぎ労働者

  • 安田純平/著 安田 純平
    1974年埼玉県出身。ジャーナリスト。一橋大学社会学部卒業。1997年より信濃毎日新聞記者として、北アルプスし尿処理問題や脳死肝移植などを担当。2003年よりフリー。2002年よりイラクを取材し、2004年の取材中に地元武装自警団に拘束される

  • シリーズ名
    集英社新書 0536
  • ページ数
    254p
  • ISBN
    978-4-08-720536-7
  • 発売日
    2010年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

数量:

720 (税込:778

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 現代の民営化が進む戦争では、世界中の貧しい人々が集められ、基地や建設現場などの危険地帯に派遣され、労働者として働いている。こうした出稼ぎ労働者なしでは、もはや軍事的なオペレーションは、成立し得ないのだ。著者は自ら出稼ぎ労働者となり、イラク軍基地訓練施設に単独で潜入した。グローバル化世界における、世界の貧困を前提にした戦争ビジネス、その実態に迫った貴重なルポルタージュ。
目次
第1章 イラク戦場労働への道(イラク行き急募
クウェート就労ビザが必要? ほか)
第2章 戦場労働の心得(拘束の三年間
バグダッド空港・基地 ほか)
第3章 戦場の料理人(激戦地ディワニヤ
居住区の衛生管理 ほか)
第4章 戦火の中で(奴隷労働
銃を突きつけられる ほか)
第5章 戦場で働くということ(戦争は「安い命」で
戦争の民営化と戦場労働 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ルポ戦場出稼ぎ労働者
  • ルポ戦場出稼ぎ労働者

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中