ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • スポーツ立国の虚像 スポーツを殺すもの PART2

  • スポーツ立国の虚像 スポーツを殺すもの PART2

スポーツ立国の虚像 スポーツを殺すもの PART2

  • 谷口源太郎/著 谷口 源太郎
    1938年、鳥取市に生まれる。早稲田大学中退。講談社、文藝春秋の週刊誌記者をへて、1985年からフリーランスのスポーツジャーナリスト。新聞、雑誌、テレビ・ラジオを通じて、スポーツを社会的視点からとらえた批評を手がける。1994年から95年にかけて『東京新聞』に連載した「スポーツウォッチング」で1994年度「ミズノ・スポーツライター賞」を受賞。フェリス女学院大学非常勤講師

  • ページ数
    255p
  • ISBN
    978-4-7634-0561-6
  • 発売日
    2009年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • スポーツの現状を斬る!メディアに商品化され、「日の丸」ブランドをつけて国威発揚の道具にされる、使い捨ての“一流スポーツ選手”。オリンピックとは何だ、WBCの虚像、スポーツの企業支配、政治の道具としてのスポーツ、スポーツに明日はあるか…。反骨の現代スポーツ論。
目次
1 オリンピックとは何だ
2 暴走する東京五輪招致の企て
3 WBCの虚像
4 スポーツの企業支配
5 政治の道具としてのスポーツ
6 スポーツに明日はあるか

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • スポーツ立国の虚像 スポーツを殺すもの PART2
  • スポーツ立国の虚像 スポーツを殺すもの PART2

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中