ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • サラリーマンだから貧乏ですが、なにか? 20代からのやさしい経済学

  • サラリーマンだから貧乏ですが、なにか? 20代からのやさしい経済学

サラリーマンだから貧乏ですが、なにか? 20代からのやさしい経済学

  • 大村あつし/著 大村 あつし
    1966年生まれ。静岡大学人文学部経済学科卒業。専攻はマルクス理論、ケインズ理論とスタグフレーション。ITライター(総売上は170万部。同時期にIT企業の代表取締役)を経て、2007年に小説家に転身。デビュー作、『エブリリトルシング』は20万部のベストセラー

  • ページ数
    214p
  • ISBN
    978-4-569-77662-0
  • 発売日
    2010年01月

1,300 (税込:1,404

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • サブ・プライムローンに、リーマン・ショック。
    経済大国アメリカでは、住宅ローン・家賃も払えず、自宅を失う人がたくさんいるのに、その原因をつくった会社は、税金で救われる。
    あれ? なんだかおかしいぞ? 翻って日本。
    ボーナスカットに就職難。
    さらにはデフレの進行。
    「厳しいときだからこそ、がんばるしかないじゃないか!」という前にちょっと考えてみてほしい。
    僕たちは、資本主義経済のしくみの中で暮らし、働く一方で、そのしくみのことを、よく理解しているだろうか? 
    理解していないとしたら、それはまるで、ルールを知らないままにゲームに参加しているようなものではないか? 
    経済のしくみを知らないまま大人になってしまった人たちに贈る、救済の書。
    義務教育では教えない驚愕の経済メカニズムが今、明らかに! 
    主人公多喜二、エリナと一緒に「マルクん」の話に耳を傾けよう! 
    経済アナリスト・森永卓郎氏も推薦する若手ビジネスマン必読の書。
目次
六本木ヒルズ、大展望台にて
夜景が教えてくれるサラリーマンの異常な実態
なぜ、サラリーマンは貧乏なのか?
なぜ、彼はパンと帽子の交換を拒否したのか?
本当に、商品の価値は労働時間だけで決まるのか?
学校が教えてくれたあの需給曲線は嘘だったのか?
なぜ、お尻も拭けない一万円札がトイレットペーパーよりもありがたいのか?
サラリーマンは現代の奴隷か?
サラリーマンは資本家から見たら商品なのか?
なぜ、資本家は金持ちなのか?
本当にサラリーマンは不幸なのか?
六本木ヒルズ、大展望台にて

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • サラリーマンだから貧乏ですが、なにか? 20代からのやさしい経済学
  • サラリーマンだから貧乏ですが、なにか? 20代からのやさしい経済学

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中