ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 大義を忘れるな 革命・テロ・反資本主義

  • 大義を忘れるな 革命・テロ・反資本主義

大義を忘れるな 革命・テロ・反資本主義

  • スラヴォイ・ジジェク/著 中山徹/訳 鈴木英明/訳 ジジェク,スラヴォイ(Zizek,Slavoj)
    ヨーロピアン・グラジュエイト・スクール教授。ロンドン大学バーベック・カレッジ人文学ディレクター。スロヴェニアのリュブリアナ大学教授。ラカン派マルクス主義者として、その多彩な活動は世界の思想界を活性化し続けている

    中山 徹
    一橋大学大学院言語社会研究科准教授。イギリス文学

    鈴木 英明
    山脇短期大学准教授。イギリス文学

  • ページ数
    694,56p
  • ISBN
    978-4-7917-6491-4
  • 発売日
    2010年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,800 (税込:5,184

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • グローバル資本主義そしてリベラル民主主義に支配され、高度資本主義の加速する現代にあって、その潮流に抗する真のラディカリストは如何に考え闘争すべきか―フランス大革命、ボルシェヴィキのロシア革命、毛沢東の文化大革命が、人類の普遍原理を追求し、大流血と恐怖政治の悲惨な結末に終息したのはなぜか。ハイデガーとナチズム、フーコーのイラン革命も視野に、裏切られた革命の数々の検証から、反資本主義闘争にとっての火急の要請を根源から問い直す、画期的な理論成る。
目次
序 大義が語れば、ローマは終わる
第1部 現状(無調の世界における幸福と拷問
イデオロギーの家族神話 ほか)
第2部 過去の教訓(ロベスピエールから毛沢東にいたる革命的恐怖政治
スターリン主義再訪、あるいは、スターリンはいかにして人間の人間性を救ったか ほか)
第3部 なにをなすべきか?(規定的否定の危機
アラン・バディウ、あるいは差し引くという暴力 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:In defense of lost causes
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 大義を忘れるな 革命・テロ・反資本主義
  • 大義を忘れるな 革命・テロ・反資本主義

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中