ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 青い瞳にひそやかに恋を

拡大

  • 青い瞳にひそやかに恋を

青い瞳にひそやかに恋を

  • ジュリア・クイン/著 村山美雪/訳 クイン,ジュリア(Quinn,Julia)
    ハーバード大学ラドクリフ・カレッジ卒業後すぐにロマンス小説を書き始め、1995年にSplendidで作家デビュー。2000年に発表した「ブリジャートン子爵家シリーズ」の第1作、2作、4作がRITA賞の候補作に選ばれ、人気ヒストリカル・ロマンス作家としての地位を確立。2007年、シリーズ第8作がついに受賞。太平洋岸北西部に家族と在住

    村山 美雪(ムラヤマ ミユキ)
    1968年生まれ。東京都出身。出版社、外資系商社勤務を経て出版翻訳の道に入る

  • シリーズ名
    ラズベリーブックス ク2-6
  • ページ数
    474p
  • ISBN
    978-4-8124-4010-0
  • 発売日
    2009年11月

895 (税込:967

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 名うての放蕩者、マイケル・スターリングは初めてその青い瞳を見たとき、激しい恋に落ちた。彼女の名はフランチェスカ・ブリジャートン。あと36時間で親友で従弟の、キルマーティン伯爵ジョンの花嫁となる女性だった…。義理の従兄となったマイケルは気さくな友人として関係を築き上げるが、ジョンの不慮の死によって、事態は大きく変わってしまう。魂の双子のような夫を亡くしたフランチェスカはマイケルを頼りにするが、彼の心にはくすぶり続ける恋心があった。従弟を裏切ることも、想いを秘めたままフランチェスカといることにも耐えられず、マイケルはインドへ向けて旅立ってしまう。―それから4年後、フランチェスカは喪服を脱ぎ、スコットランドを出てロンドンでの夫探しを決意する。ジョンほど愛せなくていい、それでも子供がほしいと…。奇しくも同じ日、マイケルもまたインドから帰国していた。期せずしてロンドンで再会したふたりは…大人気“ブリジャートン”シリーズ。
目次
この商品の目次情報はありません。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
原題 原タイトル:When he was wicked
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 青い瞳にひそやかに恋を

拡大

  • 青い瞳にひそやかに恋を

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中