ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ロードスターと旅に出る この車を相棒にしたからには、一度はやってみたいこと。

拡大

  • ロードスターと旅に出る この車を相棒にしたからには、一度はやってみたいこと。

ロードスターと旅に出る この車を相棒にしたからには、一度はやってみたいこと。

  • 中村淳/著 中村 淳(ナカムラ ジュン)
    1954年、大阪府生まれ。横浜市在住。小説「風の詩」で第12回野性時代新人文学賞受賞、第95回芥川賞候補。「不思議な休日」が第9回開高健文学賞最終候補になる

  • ページ数
    150p
  • ISBN
    978-4-89522-535-9
  • 発売日
    2009年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 人生を折り返してからロードスターを手に入れ、その人馬一体の走りと開放感に魅了された著者が、キャンプや釣り、北海道の丘を駆けるフルオープンツーリングなど、オープンカーならではの旅の楽しみを写真とともに綴った。愛車を相棒にした、気がねのない大人の旅のすすめ。キャンプツーリングに活躍する愛用のグッズも紹介。
目次
第1章 相棒、ロードスター(いざ北国へ!
雨の支笏湖
積丹半島を走る)
第2章 フルオープンで!(余市のロマンと小樽散策
富良野へ
麓郷とラベンダーと美瑛の丘)
第3章 ロードスターの日(猛暑の旭川と大雪山
滝上町からサロマ湖へ
いよいよ知床
知床横断道路を加速)
第4章 北国の夏を浴びて(観光客の日
旅とナルシシズム
羅臼から開洋台へ)
第5章 夢を探して旅する(屈斜路湖から釧路、そして阿寒
二風谷へ
さらば!)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ロードスターと旅に出る この車を相棒にしたからには、一度はやってみたいこと。

拡大

  • ロードスターと旅に出る この車を相棒にしたからには、一度はやってみたいこと。

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中