ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「死」をどう説くか 現代人の死生観に答える教化法

拡大

  • 「死」をどう説くか 現代人の死生観に答える教化法

「死」をどう説くか 現代人の死生観に答える教化法

  • ページ数
    351p
  • ISBN
    978-4-88405-556-1
  • 発売日
    2009年07月

15,000 (税込:16,200

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 誌上座談会や現場からの声など多方面から「死」を考察します。「死」という宗教の本質にかかわる問題に正面から取り組んでいく為の教化資料。内容告ャは、第一章 これからの 葬送の変遷多死社会の葬送少子高齢化社会の葬儀/直葬などの多様化と儀礼の衰退/新しい葬儀埋葬の形第二章 座談会 ずばり、「死」とは・・・各宗派はこのテーマにどう答えるか……第三章 生きる意味第四章 命の看取り第五章 これからの仏教は「死」をどう説くべきか資料集他
目次
序 死生観と葬儀の行方
第1章 これからの葬送の変遷
第2章 各宗からの「死」をどう説くか 座談会
第3章 生きる意味
第4章 命の看取り(生命倫理・徳倫理)
第5章 これからの仏教は「死」をどう説くべきか
資料集
死を生きた人々
仏教の興隆に尽くした先人達の最後のことば

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 27cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 「死」をどう説くか 現代人の死生観に答える教化法

拡大

  • 「死」をどう説くか 現代人の死生観に答える教化法

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中