ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 政権交代への軌跡 小選挙区制型民主主義と政党戦略

  • 政権交代への軌跡 小選挙区制型民主主義と政党戦略

政権交代への軌跡 小選挙区制型民主主義と政党戦略

  • 後房雄/著 後 房雄(ウシロ フサオ)
    1954年富山県に生まれる。1977年京都大学法学部卒業。1982年名古屋大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得、名古屋大学法学部助手。1984年同助教授。1990年同教授。1989年から1991年ローマ大学に留学。現在、名古屋大学大学院法学研究科教授。専攻は政治学、行政学、NPO論

  • ページ数
    303p
  • ISBN
    978-4-7634-0552-4
  • 発売日
    2009年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

お急ぎ店舗受取りについて

数量:

2,200 (税込:2,376

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 小選挙区制度のもとでの政権交代メカニズムの本格始動。イタリア政治との比較検討。新しいルールはどう確立すべきか?小選挙区制型の民主主義。自民党は「普通の政党」になれるか?機が熟してきた日本における政権交代、政治改革から政権交代にいたる軌跡。
目次
変わりすぎるイタリア政治、変らなさすぎる日本政治―小選挙区制型の政党連合戦略
第1部 小選挙区制型の民主主義(戦後民主主義のバージョン・アップ―政治改革とは何だったのか
制度改革と政治変動―イタリアと日本における「民主制の民主化」)
第2部 小選挙区制導入後のイタリア政治(イタリアにおける小選挙区制導入と二大勢力化―一九九四年総選挙から二〇〇一年総選挙まで
中道左派政権の復活―イタリア二〇〇六年総選挙)
第3部 小選挙区制導入後の日本政治(与党版「オリーブの木」の勝利―二〇〇〇年総選挙
なぜ野党は選挙で政権を取れないのか―「民主党問題」を考える
マニフェストと政権選択選挙―二〇〇三年総選挙とその後
自民党の小泉化は何をもたらすか―二〇〇五年総選挙
大連立問題(〇五年)を通して考える民主党再建)
成熟した二大政党制へ向けて

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 政権交代への軌跡 小選挙区制型民主主義と政党戦略
  • 政権交代への軌跡 小選挙区制型民主主義と政党戦略

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中