ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 君へのメッセージ 遷延性意識障害と向き合う日々

  • 君へのメッセージ 遷延性意識障害と向き合う日々

君へのメッセージ 遷延性意識障害と向き合う日々

  • 舘野ひろ子/著 舘野 ひろ子(タテノ ヒロコ)
    1938年横浜市中区山下町に生まれる。1945年宇都宮市に移住。県立宇都宮女子高等学校、国立宇都宮大学を経て、教員となる。1981年胃がんの摘出手術を受け、それ以後、随筆等文学活動に入る。随筆、創作作品で宇都宮市民芸術祭賞・栃木県準文芸賞等20作品受賞。2003年息子が輪禍遭遇による意識障害となり看護生活の日々となる。2005年随筆集『夫とコーヒー』が、碧天エッセイグランプリエッセイスト大賞受賞。宇都宮市民芸術祭随筆部門審査員、人権擁護委員、盲導犬を愛する会会員、栃木県文芸家協会会員、宇都宮ずいひつの会会員、更生保護女性会会員

  • ページ数
    142p 図版10p
  • ISBN
    978-4-286-07194-7
  • 発売日
    2009年07月

1,100 (税込:1,188

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「植物状態」とかつて言われた脳障害。不本意ながら、それと闘う運命となった息子。彼を通して家族と、医師や看護師たちを含めた社会が手をつなぎあえたなら、いつしかきっと…。将来を見つめる母の視線は、ポジティブ。
目次
憔悴なんかしてられない
輪禍その四季
同い年の救命者
夕顔の道
祐二(十一歳当時)の童話『さよならピッキー』
吠える
人生いろいろ桜もいろいろ
君のおかげだよ
息子の相棒ライリー
我が家族ライリー〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 君へのメッセージ 遷延性意識障害と向き合う日々
  • 君へのメッセージ 遷延性意識障害と向き合う日々

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中