ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 愛は華麗に 2

  • 愛は華麗に 2

ポイント倍率

愛は華麗に 2

  • ミランダ・リー/著 新井ひろみ/訳 リー,ミランダ(Lee,Miranda)
    オーストラリアの田舎町に生まれ育つ。全寮制の学校を出てクラシック音楽の勉強をしたのち、シドニーに移った。幸せな結婚をして三人の娘に恵まれたが、家にいて家事をこなす合間に小説を書き始める。現実にありそうな物語を、テンポのよいセクシーな描写で描くことを得意とする

  • シリーズ名
    ハーレクインプレゼンツ PB60 作家シリーズ 別冊
  • 巻の書名
    ミランダ・リー
  • 巻の著者名
    ミランダ・リー/著 新井ひろみ/訳
  • ページ数
    316p
  • ISBN
    978-4-596-81560-6
  • 発売日
    2009年04月

914 (税込:987

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 長い黒髪を革紐で束ねた男が馬を引いて競売場に出てくると、ベスは息をのんだ。すばらしい馬に、強烈な印象の男性だ。馬の買いつけのためにアフリカまで来た彼女は、ふとした偶然からその男性―アザイアの城を訪れることになる。モロッコの王族である彼が女性を城に招くとき、それはベッドへの招待であることなどつゆ知らず(『誘惑のモロッコ』)。冷酷な大富豪の祖父と直談判するため、アンドレアはアテネに来た。豪壮な屋敷に着き、家の中を見てまわる途中、テラスに立つ男性に気づいてアンドレアは息が止まりそうになった。このうえなくハンサムな顔に、なぜか蔑みの表情を浮かべている。彼が、私を卑しい身分の女だと考えているのは間違いない。だが夕食の席で、その男の正体を知ったアンドレアは呆然とした(『恋するアテネ』)。
目次
この商品の目次情報はありません。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 17cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 愛は華麗に 2
  • 愛は華麗に 2

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中