ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • マツダ 技術への「飽くなき挑戦」の記録

  • マツダ 技術への「飽くなき挑戦」の記録

マツダ 技術への「飽くなき挑戦」の記録

  • 小堀和則/著 小堀 和則(コボリ カズノリ)
    1974年千葉生まれ。学生時代から、「月刊カーテクノロジィ」を中心に、自動車雑誌の編集に携わる。その後、出版社に入社。企画編集のほか、取材、写真撮影、執筆からDTPまで一貫して行なう。最近は電気自動車に関連したイベントやレースなども取材。RJC(日本自動車研究者ジャーナリスト会議)最年少会員で、事務局幹事を担当する。自動車史料保存委員会所属

  • ページ数
    133p 図版32p
  • ISBN
    978-4-89522-532-8
  • 発売日
    2009年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

お急ぎ店舗受取りについて

数量:

2,800 (税込:3,024

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「夢のエンジン」とされたロータリー技術で世界へ。三輪自動車の開発・製造からスタートし、世界有数の自動車メーカーとなったマツダの足跡をたどる。
目次
東洋コルク工業から東洋工業へ―1920~1930
三輪トラックの生産開始と小型四輪車市場への挑戦―1931~1955
四輪自動車市場への本格参戦と軽自動車の発売―1956~1963
ファミリアの発売による乗用車市場への本格参入―1964~1970
世界初のロータリーエンジン量産化に成功―1960~1970‐マツダロータリーエンジン史1
松田耕平社長の就任と北米への本格的な輸出開始―1970~1978
ロータリーエンジン搭載車の拡大と北米進出―1970~1977‐マツダロータリーエンジン史2
フォードとの資本提携と海外進出―1979~1988
難題をクリアしながら進化したロータリーエンジン―1977~1990‐マツダロータリーエンジン史3
5チャンネル体制の確立とプレミアムブランドの展開―1989~1995
スペシャリティモデルの登場と逆境からの復活―1990~2009‐マツダロータリーエンジン史4
Zoom-Zoomスピリットによるクルマづくり―2002~2009

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 27cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • マツダ 技術への「飽くなき挑戦」の記録
  • マツダ 技術への「飽くなき挑戦」の記録

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中