ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 青い月夜を駆けぬけて

  • 青い月夜を駆けぬけて

青い月夜を駆けぬけて

  • ローリー・ハンデランド/著 松藤留美子/訳 ハンデランド,ローリー(Handeland,Lori)
    10歳で作家を志す。ウェイトレス、教師、経営管理、家庭用品のセールスウーマン、母親業など数年の紆余曲折を経て、1993年に初の著書刊行。それ以来、コンテンポラリー、ヒストリカル、パラノーマルと多岐にわたる分野で作品を発表。2005年には『BLUE MOON』でパラノーマル部門におけるRITA賞を受賞、2007年には、『The Mommy Quest』でロング・コンテンポラリー部門におけるRITA賞を受賞。The Prism AwardやThe National Readers Choice Awardなどの栄誉にも輝く。現在、夫と2人の息子とともにウィスコンシン州で暮らしている

    松藤 留美子(マツフジ ルミコ)
    東京生まれ。東京外国語大学卒業。外資系企業勤務を経て、翻訳家に

  • シリーズ名
    ラベンダーブックス L-4-1
  • ページ数
    461p
  • ISBN
    978-4-344-41279-8
  • 発売日
    2009年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

876 (税込:946

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ウィスコンシン州ミニワ署の女性警官ジェシー・マッケイドは、夜の森で、人を噛んだ狼を追跡する途中、全裸の美しい男に出会う。その翌日、狼に噛まれた被害者が狂暴化し、人を噛み殺すという事件が発生。ジェシーは捜査の過程で、全裸の男―ネイティブ・アメリカンのウィリアム・カドット教授に再会する。彼はジェシーの自宅に突然あらわれ、ジェシーの唇を奪う。思いがけぬ行為に、ジェシーは心乱れる。なぜあんなに美しい男が自分に興味を持つのか?一方、署に狼ハンターなる人物が訪れ、新種の狂犬病が広がっていると警告。感染源を断つため、ジェシーを助手とし、狼狩りを開始する。仕事の合間に、カドットとの情事を深めていくジェシー…。青い月が昇る夜、大きな危険が待っていた。恐るべき真実と恋のはざまで燃えあがる、スリリングな傑作。RITA賞受賞作。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 16cm
原題 原タイトル:Blue moon
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 青い月夜を駆けぬけて
  • 青い月夜を駆けぬけて

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中