ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 戦後日本の課題と検討

  • 戦後日本の課題と検討

戦後日本の課題と検討

  • 斎藤洋/著 斎藤 洋(サイトウ ヒロシ)
    中央大学法学部卒業(1983年)。駒沢大学大学院修了(1989年、法学博士)。平成国際大学法学部助教授(1996年)。同大学院法学研究科委員(2000年)。東洋大学法学部助教授(2002年)。同法学部教授(2005年)。同大学院法学研究科委員(2006年)。この間、駒沢大学、立教大学、早稲田大学などで非常勤講師

  • ページ数
    255p
  • ISBN
    978-4-7709-0050-0
  • 発売日
    2009年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 東洋大学法学部、齋藤洋教授による戦後日本の課題における研究書。
目次
第1章 現代国際法社会における東京裁判の意義
第2章 現代国際法社会における靖国神社参拝の評価
第3章 現代国際法と憲法第九条の解釈
第4章 戦後日本と台湾の法的地位
第5章 日中間の境界画定と台湾の関係
第6章 現代国際法社会における戦争取材
第7章 宇宙開発とグローバリゼーション
第8章 宇宙法における宇宙物体の定義
第9章 現代国際法社会における国際法と国内法
補論 国際法、国際関係論とlegalization

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 戦後日本の課題と検討
  • 戦後日本の課題と検討

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中