ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 源氏物語 第1巻

  • 源氏物語 第1巻

源氏物語 第1巻

  • 〔紫式部/著〕 大塚ひかり/全訳 大塚 ひかり(オオツカ ヒカリ)
    古典エッセイスト。1961年、神奈川県生れ、早稲田大学第一文学部日本史学専攻卒業。出版社勤務を経て、1988年、失恋体験を綴った『いつの日か別の日か―みつばちの孤独』(主婦の友社)以後、『源氏の男はみんなサイテー』など古典エッセイが多数ある

  • シリーズ名
    ちくま文庫 お39-4
  • 巻の書名
    桐壷~賢木
  • ページ数
    582p
  • ISBN
    978-4-480-42481-5
  • 発売日
    2008年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,300 (税込:1,404

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 『源氏物語』を現代に通じる物語として鋭く読み解いてきた古典エッセイスト・大塚ひかり個人全訳。原文を重視した逐語訳でありながら、人物像や心理が際立ち、平安朝の物語が現代に通じる非常にリアリティのある物語として読める。随所に配された「ひかりナビ」という解説によって読むべき「ツボ」も押さえられ、さらに納得度が深くなる。第一巻は光源氏出生から二十台前半の「桐壺」~「賢木」。
目次
桐壺
帚木
空蝉
夕顔
若紫
末摘花
紅葉賀
花の宴

賢木

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 源氏物語 第1巻
  • 源氏物語 第1巻

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中