ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ワイルドライフ・マネジメント入門 野生動物とどう向きあうか

  • ワイルドライフ・マネジメント入門 野生動物とどう向きあうか

ワイルドライフ・マネジメント入門 野生動物とどう向きあうか

  • 三浦慎悟/著 三浦 慎悟(ミウラ シンゴ)
    1948年東京都生まれ。東京農工大学大学院農学研究科修了後、兵庫医科大学医学部、農林水産省森林総合研究所、新潟大学農学部を経て、早稲田大学人間科学学術院教授。日本哺乳類学会会長。理学博士(京都大学)。専攻は哺乳類の行動生態学と野生動物管理学

  • シリーズ名
    岩波科学ライブラリー 145
  • ページ数
    123,2p
  • ISBN
    978-4-00-007485-8
  • 発売日
    2008年06月

1,200 (税込:1,296

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • シカの農業被害、クマの人身事故、トキの絶滅…。野生動物と共存するための、科学的保護管理の手法を考える。
目次
1 人間と野生動物(ワイルドライフ・マネジメントとはなにか
日本人と野生動物 ほか)
2 日本の野生動物たちはいま(ツキノワグマの異常出没
増加するニホンジカ ほか)
3 野生動物たちが提起していること(クマの生息地管理―自然林への誘導とコリドー
農林業被害をいかに防ぐか ほか)
4 日本版ワイルドライフ・マネジメントへの挑戦(警報システムをつくる
警報の発展と行政の役割 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

野生動物と人間との間に、深刻なあつれきが起きている。シカやイノシシの農林業被害、クマの人身事故、そして希少動物絶滅の危機―。野生動物と共存するためには、生態研究に裏打ちされた、科学的で計画的な管理が必要である。海外の事例や過去の失敗に学びながら、著者が実践してきた研究を通して、日本の実情にかなった保全と管理の方法を考える。

ページの先頭へ

閉じる

  • ワイルドライフ・マネジメント入門 野生動物とどう向きあうか
  • ワイルドライフ・マネジメント入門 野生動物とどう向きあうか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中