ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 産科医が消える前に 現役医師が描く危機回避のシナリオ

  • 産科医が消える前に 現役医師が描く危機回避のシナリオ

ポイント倍率

産科医が消える前に 現役医師が描く危機回避のシナリオ

  • 森田豊/著 森田 豊(モリタ ユタカ)
    1963年、東京都生まれ。秋田大学医学部、東京大学大学院医学系研究科卒業後、米国ハーバード大学医学部産婦人科専任講師などを経て、現在、板橋中央総合病院産婦人科部長

  • ページ数
    215p
  • ISBN
    978-4-02-250428-9
  • 発売日
    2008年04月

1,200 (税込:1,296

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 逮捕者まで出る「産科医受難」の時代。日本中の妊婦が安心して出産できる日を迎えるための策はあるのか。医療コメンテーターでもある筆者が発する七つの緊急提言。
目次
第1章 「前置胎盤」の明暗
第2章 “たらい回し”と呼ばれる現象はなぜ起こるのか
第3章 お産の異変は突然に
第4章 ここまできた産科医療の危機的状況
第5章 アメリカにおける産科医療の現状
第6章 産科医療の崩壊をくい止めるには

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

現役産科医であり医療コメンテーターでもある著者が、日本の産科医療の危機を訴える。巻末では、産科崩壊回避のための私案も提示。

ページの先頭へ

閉じる

  • 産科医が消える前に 現役医師が描く危機回避のシナリオ
  • 産科医が消える前に 現役医師が描く危機回避のシナリオ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中