ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 裏切りは愛ゆえに

  • 裏切りは愛ゆえに

裏切りは愛ゆえに

  • カレン・フェネック/著 曽根原美保/訳 フェネック,カレン(Fenech,Karen)
    2004年、現代物のロマンティック・サスペンス“Unholy Angels”でデビュー。カナダ・オンタリオ州に夫と娘とともに在住

    曽根原 美保(ソネハラ ミホ)
    横浜出身。国際基督教大学卒業。文芸翻訳家

  • シリーズ名
    扶桑社ロマンス フ36-1
  • ページ数
    479p
  • ISBN
    978-4-594-05647-6
  • 発売日
    2008年04月

800 (税込:864

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 12世紀イングランド。女領主キャサリンの居城は、敵の猛攻にさらされていた。頼れるのはかつての婚約者ド・ローラン卿のみ。窮状を聞いた彼は、結婚を条件に、城の奪還を約束するが、五年前に婚約を一方的に破棄した彼女の裏切りを許してはいかなった。しかもキャサリンには秘密があった。攻められる直前、彼女は死別した夫の息子を出産していたのだ。偽りと裏切りが交錯するなか、夫婦となった二人のあいだに芽生える熱い想いとは…期待の新人による中世歴史ロマンスの傑作、ついに登場。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 16cm
原題 原タイトル:Betrayal
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 裏切りは愛ゆえに
  • 裏切りは愛ゆえに

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中