ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 流れ行く者 守り人短編集

  • 流れ行く者 守り人短編集

流れ行く者 守り人短編集

  • 上橋菜穂子/作 二木真希子/絵 上橋 菜穂子(ウエハシ ナホコ)
    立教大学博士課程単位取得(文学博士)。専攻は文化人類学。オーストラリア先住民であるアボリジニを研究。女子栄養大学助手を経て、川村学園女子大学准教授。著書に『精霊の木』『月の森にカミよ眠れ』(日本児童文学者協会新人賞)『精霊の守り人』(野間児童文芸新人賞、サンケイ児童出版文化賞)『闇の守り人』(日本児童文学者協会賞)『夢の守り人』(路傍の石文学賞)など。2002年巌谷小波文芸賞受賞

    二木 真希子(フタキ マキコ)
    愛知教育大学美術課程卒業後、テレコムアニメーションフィルムに入社。フリーを経て現在はスタジオジブリでアニメーションの原画を担当

  • シリーズ名
    偕成社ワンダーランド 36
  • ページ数
    275p
  • ISBN
    978-4-03-540360-9
  • 発売日
    2008年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 父を王に殺された少女バルサ。親友の娘を助けるためにすべてを捨てたジグロ。ふたりは追手をのがれ、流れあるく。二度ともどらぬ故郷を背に。守り人シリーズ「番外編」にあたる短編集。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 小学中学年

商品のおすすめ

王のたくらみによって父を殺された少女バルサ、そして彼女を救った父の親友ジグロ。故国をすてた2人の旅路を描く、守り人短編集。

【対象】 
 
小学中学年

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

守り人シリーズ「番外編」にあたる短編集です。この短編集では、子供の頃のバルサとタンダに出会えます。バルサ13歳、タンダ11歳ということなのですが、会話のやりとり、行動から、バルサに比べてタンダがかなり子供っぽい印象を受けます。バルサの過去、タンダの過去。厳しい・辛いという表現だけでは足りないぐらい過酷と呼べる人生を歩んできたバルサのことがよくわかります。そして、生きているジグロと会えるのもこの番外編ならではでしょう。いつものことながら、一気に引き込まれるストーリー展開、その場にいるような臨場感ある細かい描写は、さすが!!だと思います。全てがこの番外編でしか知り得ない内容で構成されていて、守り人シリーズを読んできた方には必見です。(どんぐりぼうやさん 30代・東京都●●区 男10歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • 流れ行く者 守り人短編集
  • 流れ行く者 守り人短編集

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中