ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 国産乗用車60年の軌跡

  • 国産乗用車60年の軌跡

国産乗用車60年の軌跡

  • 松下宏/著 桂木洋二/著 松下 宏(マツシタ ヒロシ)
    1951年群馬県前橋市生まれ。立命館大学産業社会学部卒業。業界紙記者やクルマ雑誌編集者などを経て、現在はフリーランスの自動車評論家として活躍。自動車ジャーナリスト集団のAJAJ会員。カー・オブ・ザ・イヤーの選考委員でもある

    桂木 洋二(カツラギ ヨウジ)
    1945年東京都生まれ。自動車雑誌編集を経てクルマ関係のレポートや解説などを執筆している

  • ページ数
    235p
  • ISBN
    978-4-87687-303-6
  • 発売日
    2008年05月

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

2,000 (税込:2,160

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 第1章「乗用車技術の習得時代(1947?53年)から第10章「地球環境に配慮したクルマの作り方(1997?現在)まで、エポックメイキングな100有余の乗用車についてその開発の背景から説き起こす。戦後乗用車の歴史でもある。
目次
第1章 乗用車技術の習得時代(1947~53年)
第2章 国産技術確立のためのさまざまな試み(1955~62年)
第3章 新興メーカーの参入による競争時代の始まり(1962~65年)
第4章 花開くモータリゼーションのなかで(1966~68年)
第5章 独自性・優位性のための模索(1969~73年)
第6章 雌伏の時代を乗り越えるために(1974~80年)
第7章 新しい価値基準のつくり方(1981~84年)
第8章 世界を意識した車両開発(1985~90年)
第9章 脱セダンの流れのなかで(1990~96年)
第10章 地球環境に配慮したクルマのつくり方(1997~現在)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 国産乗用車60年の軌跡
  • 国産乗用車60年の軌跡

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中