ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • アメリカの原点、ボストンをゆく 日本の明日をこの地に学ぶ

  • アメリカの原点、ボストンをゆく 日本の明日をこの地に学ぶ

ポイント倍率

アメリカの原点、ボストンをゆく 日本の明日をこの地に学ぶ

  • 井上篤夫/著 井上 篤夫(イノウエ アツオ)
    1947年、岐阜県生まれ。作家。早稲田大学文学部中退。70年代からアメリカを中心に取材活動し、モハメド・アリ、ジョージ・ハリスン、ブルック・シールズ、ジェフリー・アーチャーなど数多くの著名人をインタビュー。90年から3年間はボストンを拠点に執筆活動をした

  • シリーズ名
    ソフトバンク新書 055
  • ページ数
    234p
  • ISBN
    978-4-7973-4262-8
  • 発売日
    2007年11月

700 (税込:756

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • アメリカ建国の祖となる清教徒(ピルグリム・ファーザーズ)たちが、メイフラワー2世号に乗ってイギリスを発ち、1620年、定着した地がボストン(プリマス)だった。30年にわたりアメリカを中心に取材活動してきた作家が、主婦、芸術家、大学教授、ビジネスマンなど、この地に住むさまざまな年齢、人種の男女21人に徹底取材。アメリカの原点、ボストンに住む人びとを通じて、真のアメリカ、そして日本の明日を見た。
目次
第1章 アメリカン・ニューヒーロー(クレージネスがアメリカを変える
隣人への思いやりが世界平和につながる
いま求められているのはクリエイティビティ
ボストンの歴史をじっくりと味わいたい
共存こそが変化の原動力になる)
第2章 日本とボストン(尊重すべき価値観はひとつではない
思い上がることなく謙虚さを学べ
家族愛から地球愛が芽生える
アメリカで通用するのは一芸に秀でた者
混淆がエナジーを増幅させる)
第3章 ボストンから日本の明日が見える(融和という大きなヴィジョン
いまアメリカは失敗から学んでいる
自分の役割をまっとうすることに専念したい
テクノロジーの力が世界を変革する
人心交流が明日を創出する)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • アメリカの原点、ボストンをゆく 日本の明日をこの地に学ぶ
  • アメリカの原点、ボストンをゆく 日本の明日をこの地に学ぶ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中