ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • パリの夜に捧げて

  • パリの夜に捧げて

パリの夜に捧げて

  • ジュリア・ジェイムズ/作 藤村華奈美/訳 ジェイムズ,ジュリア(James,Julia)
    十代のころに初めてミルズ・アンド・ブーンのロマンスを読み、それ以来の大ファン。ロマンスの舞台として理想的な地中海地方、そしてイギリスの田園が大好きで、とくに歴史ある城やコテージに惹かれるという。現在は家族とイギリスに在住

  • シリーズ名
    ハーレクイン・ロマンス R2247
  • ページ数
    156p
  • ISBN
    978-4-596-12247-6
  • 発売日
    2007年12月

648 (税込:700

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 祖父が亡くなり、天涯孤独の身となったバネッサは、悲しみを癒すため、憧れのパリへと旅立った。ところが、最初に訪れたノートルダム大聖堂で、何人もの男につきまとわれ、観光気分も消し飛んだ。そこへ思わぬ救い主が現れる。「男が寄りつかないよう、僕が君のボディガードになろうか?」不良たちを追い払ってくれたうえ、あくまで紳士的な彼に、バネッサは心を許し、パリの街を案内してもらう。マルコスと名乗った彼がギリシアの大富豪と知ったのは、それから一週間後、彼にすべてを捧げたあとだった。「麗しき罪人」にも顔を出していたバネッサとマルコスの恋のゆくえ。バネッサを愛人としか見なしていないマルコス。それゆえ成就まではかなりの紆余曲折が…。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 17cm
原題 原タイトル:For pleasure…or marriage?
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • パリの夜に捧げて
  • パリの夜に捧げて

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中