ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • もう一度だけ円舞曲(ワルツ)を

  • もう一度だけ円舞曲(ワルツ)を

もう一度だけ円舞曲(ワルツ)を

  • ジュリア・クイン/著 村山美雪/訳 クイン,ジュリア(Quinn,Julia)
    ハーバード大学ラドクリフ・カレッジ卒業後すぐにロマンス小説を書き始め、1995年にSplendidで作家デビュー。2000年に発表した「ブリジャートン子爵家シリーズ」の第1作と第2作がRITA賞の候補作に選ばれ、人気ヒストリカル・ロマンス作家としての地位を確立。以来、「ニューヨーク・タイムズ」紙のベストセラー・リストに多数の作品を送りこんでいる。太平洋岸北西部に家族と在住

    村山 美雪(ムラヤマ ミユキ)
    1968年生まれ、東京都出身。出版社、外資系商社勤務を経て出版翻訳の道に入る

  • シリーズ名
    ラズベリーブックス ク2-1
  • ページ数
    517p
  • ISBN
    978-4-8124-3183-2
  • 発売日
    2007年06月

867 (税込:936

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ソフィーがペンウッド伯爵の娘であることは、公然の秘密だ。母の死後、“後見人”となった“実の父”と静かに暮らしていたが、意地悪な継母とそのふたりの娘が家にやってきた上、父の突然の死によって、メイド同然のつらい日々が始まる。そんなある日、有名なプリジャートン子爵家で仮面舞踏会が催され、留守番だったソフィーも、ひょんなことから祖母のドレスを着て出かけることに…。ソフィーは一夜限りの夢と知りつつ、子爵家の次男ベネディクトとワルツを踊り、午前零時のかねの音とともに姿を消した。残されたイニシャル入りの手袋だけを手がかりに、ベネディクトはソフィーを探すことを決意するが…。運命に翻弄されるふたりの、ロマンティック・ヒストリカル。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
原題 原タイトル:An offer from a gentleman
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • もう一度だけ円舞曲(ワルツ)を
  • もう一度だけ円舞曲(ワルツ)を

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中