ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ナショナル・アイデンティティとジェンダー 漱石・文学・近代

  • ナショナル・アイデンティティとジェンダー 漱石・文学・近代

ナショナル・アイデンティティとジェンダー 漱石・文学・近代

  • 朴裕河/著 朴 裕河
    1957年、ソウル生まれ。高校卒業後来日、慶應義塾大学文学部入学、国文科卒業。卒業後帰国、二度目の留学時、早稲田大学文学研究科日本文学専攻修士・博士課程修了。現在、(韓国)世宗大学人文科学大学副教授。2003年度に早稲田大学学術博士学位取得

  • ページ数
    452p
  • ISBN
    978-4-906681-27-3
  • 発売日
    2007年07月

3,000 (税込:3,240

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「漱石」への透徹した批判と、柳宗悦の植民地認識、「親日文学」「在日文学」「アパッチ小説」の解読をとおして、ナショナル・アイデンティティの強者主義と男性原理を明らかにする、「近代」への先鋭な考察。日韓のナショナリズム分析で注目の著者初の本格的論考。
目次
モダニティとしてのナショナル・アイデンティティ
漱石の文明観
漱石的個人主義―「現代日本の開花」と「私の個人主義」
二つの「田舎」―『草枕』と『坊つちやん』
漱石と帝国主義
個人主義の行方―『それから』と『門』
女の不貞と国家―『行人』
個人主義の破綻―『こゝろ』
「国家」の言葉―森鴎外『舞姫』
明治言説の犠牲者たち―「親日」者と学徒兵たちの死にいたる思想
共謀する表象1―柳宗悦と解放後韓国の自己構築
共謀する表象2―「在日文学」をめぐる期待と応答
共謀する表象3―開高健・小松左京・梁石日の「アパッチ」小説をめぐって
暴力としてのナショナル・アイデンティティ―金鶴泳の死をめぐって
近代を超えて

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm

商品のおすすめ

「漱石」への透徹した批判と、「親日文学」「在日文学」「アパッチ小説」の解読を通して、ナショナル・アイディンティティの強者主義と男性原理を明らかにする先鋭な考察。

ページの先頭へ

閉じる

入荷 発売日お知らせ

メールアドレス

    • ドメイン指定受信をされている方は、「@omni7.jp」を受信できるように指定してください。
  • 商品入荷後メールでご連絡いたします。(入荷状況によりメールが配信されない場合がございます。)
  • 当サービスは予約ではありません。
  • 商品入荷後、メールにてご連絡いたします。その際にご注文なさるかご検討ください。
  • 人気商品は注文が集中する為、すぐに品切れになる場合があります。
  • 入荷待ちの場合、「入荷お知らせ」ボタンが表示されている場合、ご登録いただきますと、入荷時にご連絡いたします。
  • 在庫状況は常に変化している為、随時変更する場合があります。
  • お知らせを受取りたいメールアドレスをご選択ください。
  • 商品の予約(注文)の日付が決まりましたらメールでお知らせします。
  • メールアドレスに間違いがないかご確認の上、「登録する」ボタンを押してください。

閉じる

  • ナショナル・アイデンティティとジェンダー 漱石・文学・近代
  • ナショナル・アイデンティティとジェンダー 漱石・文学・近代

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中